一般社団法人 発明学会

賞金総額50万円身近なヒント発明展

第25回身近なヒント発明展より、下記2部門が追加されました。
11部門…アプリ部門(新設)
12部門…こども発明部門(新設)
詳しくはコチラ※PDFファイルが開きます

 発明家たちの登竜門「身近なヒント発明展」

発明学会では、毎年「身近なヒント発明展(毎年7月10日締め切り)」を開催しています。

「台所やお風呂などの家庭生活や趣味、仕事などの日常のふとしたヒントから気が付いたアイデア」と「消費者目線で発想された、次期大ヒット商品のタマゴともいえるアイデアを求める協賛企業」とを結びつける、商品化に直結した発明コンクールです。

年齢性別、職業、発明学会の会員、非会員問わず誰でも、おひとり何件でも、応募可能です。 審査員は、消費者目線のアイデアを求める多くの協賛企業が務めます。 そのため、小中学生からご年配の方まで、アイデアが良ければ、受賞に関わらず商品化採用の可能性があり、ロイヤリティ契約によって、売り上げに応じた実施料が発明家に入ります。

過去、「フリーサイズの落とし蓋(800万枚、累計売上総額72億円)」の発明者には、約6000万円の特許料が支払われました。「洗濯機の糸くず取り機(累計売上総額65億円、最高販売個数15万個/1か月)」の発明者には、約3億円もの特許料が支払われました。

第22回(平成30年度)の応募作品からは2点の作品が、コンクール協賛企業に採用され、発明学会ビルで開催された、「企業、発明者、発明学会会長」の三者が契約を結ぶ「公開契約調印式」の様子が、テレビでも紹介されました(テレビ朝日/「スーパーJチャンネル」)(テレビ東京/「WBS トレンドたまごコーナー」)。

商品化採用が決まった場合は、「公開契約調印式」を企画・開催し、メディアに紹介することで、販促・宣伝面からもサポート致します。 気軽に挑戦できる「商品化契約」「特許実施料生活」の登竜門として、ご応募おまちしております。

身近なヒント発明展商品化実績

募集分野 10部門

1部門…生活用品関係(洗濯、物干し、ハンガー、清掃用品、浴室、トイレ)
2部門…生活用品関係(調理道具、食卓用品、インテリア、家具、その他 1部門以外の生活用品)
3部門…玩具・レジャー・スポーツ・ホビー・ベビー&キッズ関係
4部門…文具・事務用品・教材関係
5部門…健康・美容・衛生・介護関係
6部門…衣料・寝装品・履物関係
7部門…2輪車・自動車・運搬・カー用品関係
8部門…防犯・防災関係
9部門…ユーモア発明・面白グッズ関係
10部門…園芸・農業・建築・荷造り資材関係・その他(1~9にない分野)
11部門…アプリ部門(新設)
12部門…こども発明部門(新設)

応募規定

特許権、実用新案権、意匠権、商標権・著作権の取扱について

  • 特許などの出願、未出願を問わず、本発明展に応募できます。
  • 出願せず応募する場合も考慮し、審査に参加する全協賛企業と、秘密保持契約書を交わしております。
  • 試作品が無くても応募は可能です。
  • 一次審査は、本発明展の協賛企業のみが参加し、非公開で実施されます。
  • 一次審査は、権利化や出願の有無にかかわらず、応募用紙に書かれた説明図(または試作品の写真)について、「商品需要(ニーズ)、試作品の完成度(発明の効果)、量産性(製造コスト)」などの観点から、総合的に審査されます。
  • 一次審査に合格し、二次審査となる、不特定多数の一般参加者が来場する発明展での展示に進む際は、出願をおすすめします。
  • 企業に採用され商品化された場合、特許や意匠などの権利は、発明者本人のものとなります。
  • 特許などの権利対策は、応募者側の責任で行ってください。
  • 発明学会の会員は、無料発明相談で出願書類の添削を受けることができます。自分で出願書類を作成すれば、出願料実費(14,000円)で出願が可能です。
  • 自身で出願書類が書けない方は、発明学会と提携する弁理士の紹介も可能です(発明学会 会員割引特典あり)。

●発明学会大賞(1点)…賞状 + 奨励金 10万円
●優秀賞(5点)…賞状 + 奨励金 5万円
●優良賞(10点)…賞状 + 奨励金 1万5千円
●奨励賞(84点)…賞状 + 副賞
●努力賞(100点)…賞状
●アイデア賞(100点)…賞状
●こども発明部門 特別賞(10点)(新設)
以下選外

※企業にアイデア採用・商品化された場合、賞金とは別に企業とかわす契約書に基づき「契約金」「権利実施料」が支払われます。
※賞にもれた選外作品であっても、企業にアイデアを採用される場合があります。

受賞マーク

「身近なヒント発明展」の「発明学会大賞」「優秀賞」「優良賞」までの、上位賞16名には、受賞マークの使用権が授与されます。
社長や企画担当者による企業目線の審査と、一般参加者による購入者目線の審査の両方の視点を経て受賞した、優れた商品であることを、同コンクールの受賞マークの表示をもって、アピールすることができます。

※毎年12月1日前後に公開される、身近なヒント発明展 審査結果発表ページから、受賞年度が入ったマークのダウンロードができます。
※過去受賞者は、「受賞年度、西暦、賞名、作品名」の4点の申請により、マークが授与されます。
※下記については受賞マークの使用は認められず、当会は責任を負いません。
・受賞作品以外のものへのマークの使用
・誤解をまねきやすいマークの使用
・受賞した作品が、受賞時と比べ著しく変化した商品へのマークの使用
・その他、不正な利用目的でのマークの使用

応募資格

小中学生からご年配の方まで、年齢・性別・職業不問です。
どなたでも応募でき、アイデア商品化採用に挑戦できます。
※お一人何件でも応募が可能です。

応募方法

第1ステップ 応募セット〔応募用紙〕を請求
所定の応募用紙をお求めください。

「応募用紙 5枚」と「応募用紙の書き方 1枚」1セットを1,000円で配付します。 追加で応募用紙が必要なときは、1枚 200円。
応募用紙を請求するのに必要な代金(代金相当分の切手可)と専用フォームまたは申込用紙を同封してお申込みください。
※いずれも税込、送料サービス、切手可

第2ステップ 〔応募用紙〕に参加費を添えて応募

「応募用紙(1件に付き)」提出時に、次の「参加費」が必要です。
会員 2,000円
非会員 3,000円
学生 1,000円
※いずれも税込み

審査員

賞は、協賛企業審査員による「企業票」と、一般入場者審査員による「一般参加者票」の両方を加算し、決定します。
全応募作品に対する書類審査を「企業目線(量産性、商品性など)」の観点から、毎年の「身近なヒント発明展 協賛企業(社長・開発担当者)」が審査します(協賛企業のみが参加する非公開の審査会となります)。

企業審査で選ばれた上位約100点を、毎年10月上旬に発明学会ビルの会場に展示し、一般参加者による「購入者目線(価格、必要性など)」の観点からの審査を投票によって行い、「企業票」、「一般参加者票」の両方を集計し、決定します。

審査と展示会の流れ

所定の用紙で応募し、一次審査合格作品は試作品を提出し、二次審査に付されます。

1.応募(通年いつでも応募可)

専用の応募用紙をお求めいただき、アイデアの内容をご記入いただき、参加費を添えて応募してください。

2.応募締切(7月10日)

当日の消印有効です。 締切後の応募作品は翌年応募分として受付けます。

3.一次審査

応募いただいた作品すべてを審査を行い、合格者のみ1次審査合格通知をお送りします。

4.二次審査

協賛会社による商品化検討進行

5.発明展展示会(2021年10月8日(金)~10日(日))

一次審査合格作品約100点が、発明学会ビル内で行われる展示会で展示されます。

第23回身近なヒント発明展一次審査合格者

6.表彰式(2021年12月18日(土))

二次審査での協賛会社の審査による投票数と、一般来場者の投票数によって、各賞が決まります。各賞が決定した方には、賞金と賞状が授与されます。

2020年審査結果

各種お申込み

コンクールの資料請求、パンフレットのダウンロード、応募用紙、アイデアチケットのお申込みは、下記よりお求めください。

  • コンクール資料請求フォーム
  • パンフレットダウンロード
  • 応募用紙、アイデアチケット申込フォーム

過去の受賞

運営会社

一般社団法人 発明学会
〒162-0055
東京都新宿区余丁町7番1号
発明学会ビル
TEL:03-5366-8811(代)
FAX:03-5366-8495
日・月・祝日休業日

通信講座ログイン 通信講座ログイン