発明学会ホーム > 第6回夢発掘プロジェクトアイデアコンクール結果発表

発明 発明学会

第6回夢発掘プロジェクトアイデアコンクール結果発表
商品化へ向けて発明家の夢を実現したいという「夢発掘プロジェクトアイデアコンクール」は、第6を迎えて今回は742件という最多の応募がありました。
第一次審査は主催者と協賛会社それぞれで行い、最終審査は発明学会と三陽プレシジョンの合同で行いました。発明は試作実験の努力の跡が残り、応募用紙の記載方法も工夫が見られて、年々の向上していることに審査員一堂感激しています。
商品化は市場調査やマーケットの受け入れ、量産製造システムの構築など種々検討されますので、少し時間がかります。
商品化決定の折には改めてご連絡します。
ご参加頂いた方々には、発明研究の努力に感謝申し上げます。

[目玉焼きパン] 東京都 片貝 克之 様
[「ドア閉める君とドア止める君」] 埼玉県 尾形 祐 様
[カップ入りおろし金] 愛知県 笠井 美彩子 様
[防犯シリコン有刺鉄線(ダミーチクチク)] 東京都 伊藤 博和 様
[ムール貝のヒゲ抜き] 青森県 肴倉 和夫 様
[IH対応丸底中華鍋] 三重県 松田 庄一 様
[食塩計量可変スプーン] 静岡県 原 有夫 様
[ポンプボトル意匠] 新潟県 野澤 聡史 様
新潟県 遣水 範子 様 滋賀県 中川 誠一 様
岐阜県 塩田 恵子 様 長崎県 竹原 淳夫 様
埼玉県 根岸 真宏 様 大阪府 寺田 亜男 様
千葉県 宝田 嘉昌 様 静岡県 深津 周次 様
※特許などの権利化をしていない作品もありますので、内容については公表できません。御了承ください。
ご挨拶
今回は今まででも一番多く742通のご応募を頂きました。本当に有難うございます。今回も何回も予選を行い、かつ厳正な審査の結果、優秀賞や佳作が決定いたしました。当選者の方々おめでとうございます。これからも一緒にがんばって良い発明商品を世に出せるように頑張りましょう。
ただいつも思うのですがこの審査結果は発明の過程であり、最優秀の方が製品化になるというものでもありません。場合によっては予選で外れた作品が製品化になったり、思いもよらない結果が生まれたりもします。ですから、入賞された方も、されなかった方も、ご自分の発明の一つの成長の過程だと考えて、ご自分の発明を愛して進化させてください。発明家の意思がご自分の子供である発明作品を育ててゆくのです。メーカーである私たちも、応募者皆さんの発明情熱に応えるべく、今後商品化の視点でさらによく吟味させて頂きます。
平井会長がよくエジソンの話をされていますが、エジソンは電球を発明するときにフィラメントを何度も何度も交換してやっと長時間点灯出来る電球が作れたそうです。交換した材料は6千、失敗した実験は1万4千回を超えたそうですが、エジソン曰くたったの1万数千回実験するだけで発明が完成すると言ってのけたそうです。
発明家魂と言いますか、きっと実験をしている最中も世紀の発明の完成の時を思い、実験を楽しみながら、ドキドキしながら待っていたのではないかとその当時に思いを馳せます。皆さんもあと千回くらいのトライで世界をあっと言わせる発明を完成させられるかも知しれません。皆さんもうちょっと頑張ってもうちょっと発明を進めてみましょう。頑張ってくださいね。
またご応募用紙の写真やイラストの美しさ、説得力のある書き方など本当に発明を探求する技術が大変高くそのことにも感謝しております。
豊沢大先生曰く、発明はあきらめた時にやってくる。もうちょっとの辛抱できっとあなたも素晴らしい発明と出会えることでしょう。
これからもお互いに勉強して、一つでも多くの良い発明作品をこの日本に残してゆきたいものですね。
株式会社三陽プレシジョン
社長 小島 裕司
〒162-0055
東京都新宿区余丁町7番1号
発明学会ビル
一般社団法人 発明学会発明学会

TEL:03-5366-8811
FAX:03-5366-8495
 当会へのお問い合わせ

発明学会